環境方針   
基本理念  

東海運輸機材株式会社は、産業車輌・物流機器の製造において鋼板の切断・曲げ・切削等の機械加工工程、溶接工程、塗装工程を有しており、電気エネルギーの消費、塗料等の危険物の取扱い及び各工程から発生する産業廃棄物などが環境に影響を及ぼす主たる要因と考えます。
そこで、地球に与える環境負荷を限りなく軽減させることを目指し従業員一人ひとりが環境保全の重要性を認識し、下記の基本方針に基づいた環境保全活動を実施することにより、誇れる未来のために夢と希望のある豊かな社会づくりに貢献していきます。

 
活動方針
     
  1.顧客のニーズを適格に把握し、信頼と満足の得られる業務の遂行を全員参加で行う。
  2.たゆまない改善活動において継続的な品質の向上を目指す。
  3.品質不良に対しては、速やかに真の要因を追求し本質的改善を図る。
   
  上記品質方針を推進していくために、組織全体に周知徹底をさせる共に、年1回の品質目標の設定、及びレビューを行うことで、品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善することに努める。